採用コンサルティングとは|初心者向けの必要情報まとめ

「どのように採用を進めていけばいいか分からない...」
「採用コンサルティングって聞いたことあるけど何なんだろう...」

この記事にたどり着いた皆さんは、上記のような悩みをお持ちではないでしょうか。


今回の記事では、採用のプロとして採用コンサルティングも行っているポテンシャライトが「採用コンサルティングとは何か」や活用することでどのようなメリットがあるのかを詳しく解説していきたいと思います。


採用コンサルティングとは

そもそも「採用コンサルティングとは何か」ということについて解説します。


採用コンサルティングとは、ズバリ「貴社の採用を支援するサービス」です。新卒採用向け、中途採用向け共に存在します。

・採用に向けて何から始めればいいか分からない

・採用に関する効果測定をしたい


など、貴社の課題に沿ってソリューションを提案し、実際何を行っていくか選定するのが採用コンサルティング会社の仕事です。


また、経験の浅い採用担当者を育成する段階においても採用コンサルを活用することは有効であると言えます。


社内に採用に関しての知識がないまま、組織を大きくしていくことは極めて危険です。採用コンサルを活用しながら、担当者の育成と自社内へのノウハウの蓄積を行うことで、中長期的に見て企業の成功に大きく貢献することでしょう。


採用コンサルティング会社に依頼できること

それでは採用コンサルティング会社に依頼できることを実際に見ていきましょう。


採用計画を立てる

採用計画とは、経営戦略や事業計画をもとに、「どのような人材」を「どれくらいの予算」

で「どれくらいの人数」採用するかなどの中長期的な計画を立てることです。


採用計画に問題があると、人材の確保が上手くいかなかったり、採用に成功したとしても現場から「ミスマッチしている」など不満が出てしまったりすることがあります。


事業計画や内情とよく照らし合わせながら綿密に計画を練っていく必要があります。
採用計画の立案は、採用コンサルティング会社へ統括的に依頼できます。


採用ブランディング

採用ブランディングとは、自社を「ブランド化」する手法です。多くの求職者に対して自社に興味を思ってもらうために、企業理念やビジョン、社風など様々なメリットを発信し、「この企業は◯◯な魅力がある」というブランドを築いていきます。


採用ブランディングというのは、あまり取り組めていない企業様も多いのではないでしょうか。貴方の会社にも、他者から見て魅力的だと思われるポイントがいくつか存在するはずです。


魅力を上手くいかして採用に繋げるのが、採用ブランディングです。


媒体設計/運用

採用戦略をもとに、求める人物像が浮かび上がってきたら、求人媒体をどう生かしていくのかという見込みを立てます。


求人媒体ごとに強みや特徴があるため、それぞれにマッチした媒体を利用する必要があります。


エンジニアを大量に採用したいのであれば「Green」でAプランを利用して、1週間に10名ずつスカウトを送っていくなど、より具体的に設計をしていきます。それに伴う媒体運用も行うこともあります。


採用広報支援

採用広報とは、業界の情報や企業の情報を発信して、採用に繋げる広報活動のことです。最近のトレンドとして、TwitterやFacebookなどのSNSを利用した採用広報活動も主流になっています。


そうしたSNSなども利用しながら、自社が求める人材を採用していきます。

採用広報に力をいれることで、より多くの求職者に求人が届き、企業の知名度アップにもつながります。


こうしたSNS運用なども採用コンサルティング会社に依頼できます。



採用コンサルティング会社を活用するメリット

それでは、採用コンサルティング会社を活用するメリットについていくつか見ていきましょう。


客観的なアドバイスを受けられる

自分たちだけで採用をしていると、どうしても客観的に採用状況や課題を俯瞰視点で考えることができず、いつまでも状況が良くならない…ということがよくあります。


一見どうしようもないと思ってしまう社内の体制による課題や属人的な問題点など、外部から見ると大した問題ではない場合も多いです。外部からの意見を取り入れることで、意外とすんなり問題が解決する、ということがよくあります。


最新トレンドのキャッチアップ

採用のトレンドというのは、日々変化し続けています。半年前に上手くいった手法が、現在既に時代遅れになっている、なんてことはよくあります。


このトレンドをいかにキャッチアップできるかが、採用を成功に導くコツだったりします。


採用コンサルティング会社は採用のプロです。日々、採用のトレンドをキャッチアップし続けているので、今何をすべきなのかを把握しています。


そのため最新トレンドを知るといった観点からも、採用コンサルティング会社を活用するメリットがあります。


他社事例をもとにした採用戦略

自社で採用が成功しても、何が成功要因だったのかを突き止めるのには他社との比較検討が必要です。


採用コンサルティング会社に依頼をする事で、

  • 同業界の企業の採用状況はどうなのか
  • 〇〇という媒体が気になっているがどのくらい応募がくるのか
  • 〜〜という場合どのように解決したらいいのか など


そのコンサルティング会社が持っているノウハウを提供してもらうことができます。



採用コンサルティング会社を活用するデメリット

逆に、採用コンサルティング会社を活用するデメリットはあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。


自社にノウハウが蓄積されない

自社に採用を任せられる担当者がいないために、採用業務を丸々依頼される企業様も多くいらっしゃいます。


その時は採用がうまくいったとしても、また採用を強化したいといったときに、採用コンサルティング会社に丸々依頼しなければなりません。


こうしたケースであれば、自社に採用のノウハウが蓄積されていかず、採用の度に依頼をしなければならないということがあります。


費用が発生する

採用コンサルティング会社を導入される場合、少なからずコストが発生してしまいます。


社内のみで対応すれば発生しない費用であるために、なかなか導入に踏み切れないという企業様もいらっしゃると思います。


企業の採用担当者のみで採用業務を行った場合の成果(価値)と比較して検討すべきでしょう。


面接担当が入社後にいない

コンサルティング会社の担当者が面接やその他のやりとりを担当する場合があります。


そして、その担当者とのやりとりを通して入社を決定したのにも関わらず、入社後にその担当者がいなかった、なんてことも。


面接官や社内で働く人の雰囲気を見て入社を決定される方もいらっしゃいますので、二次面接以降は所属する予定の部長と面談することや、入社前に社内の方とコミュニケーションをとれるようにするなど工夫しましょう。


採用コンサルタント活用の流れ

採用コンサルティング会社に依頼をするとなった場合、

①まずはコンサルティング会社の担当者が、企業の採用担当者にヒヤリングを行います。

②その後、課題を洗い出し、コンサルティング会社に依頼をする内容を見積もり・選定していきます。

③見積もりや、依頼業務にご納得されたらコンサルタントとしての契約が開始し、業務を開始します。

④採用計画をもとに、求人応募数やスカウトメールの返信率を見直し、改善をしていきます。その過程の中で、担当者・面接官の育成なども行います。

⑤求人応募やスカウトの中から、内定を出し採用に結びついていきます。



採用コンサルティング会社を選ぶポイント

実際に採用コンサルティング会社を利用しようと思った際に、どの会社を選べば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。ここではいくつか見極めるポイントをご紹介します。


依頼できる内容を比較する

採用コンサルティング会社によって、依頼できる内容が異なります。採用戦略や採用イベントなどの対外的なもののみ委託できる場合や、採用担当や面接官の育成まで依頼できる会社まで、多岐にわたります。


そのため、自社のニーズに沿った依頼ができるかということは、採用コンサルティング会社を選ぶ上で大切になってくるでしょう。


費用を比較する

コンサルタントを依頼する内容によって、費用が大きく異なります。また、コンサルティング会社によって料金システムが違い、月額契約で数十万~数百万円としているところや、採用計画、採用ブランディングなどの工程ごとに料金を設定しているところもあります。


依頼する業務範囲が広ければ広いほど料金は高くなりますが、目に見える結果として成果を期待するのであれば、それなりの費用がかかることは覚悟しなければなりません。


ノウハウの蓄積が期待できるか考慮する

先程も述べましたが、ノウハウを蓄積する仕組みができていないと、採用の度に依頼をしなければならないです。


そのため、ノウハウを可視化、言語化して社内に落とし込めるような会社であるか見極めましょう。


採用コンサルの依頼先として代表的な4社比較


ポテンシャライト


【特徴】

  • ベンチャー企業に特化した採用コンサルティング会社
  • 人材業界経験豊富なメンバーが多数在籍 プロのノウハウを活かしたコンサルティング
  • 数値分析→施策実行のPDCAのサイクルを回す速さに定評あり


Potentialightは、採用ノウハウが少ないベンチャー企業様を対象に

  • ​採用ブランディング
  • 採用ノウハウの提供
  • 求人広告設計、運用支援
  • エージェント開発・運用支援

を行なっております。

日本にはたくさん優良ベンチャー企業は存在しますが、採用がネックになって飛躍しない企業様は多々いらっしゃいます。

そんな企業様に対して採用コンサルティングを行なっているのがポテンシャライトです。


リクルート

【特徴】

  • 転職サイトの運営で蓄積された豊富な経験とノウハウ
  • 採用計画実現に向けたあらゆる課題を解決
  • 採用市場の潮流を捉えたテクノロジー開発、マーケティング支援


日本最大級の転職エージェントサービス「リクルートエージェント」や決定実績No.1転職サイト「リクナビNEXT」の運営で蓄積された豊富な経験とノウハウで貴社の採用を支援しています。

採用計画達成に向けて、必要に応じて貴社内部体制や選考プロセス、効果的な面接内容などについてもコンサルティングを提供しています。


また、採用市場の潮流を捉えたテクノロジー開発、マーケティングを専門チームが行い貴社を採用成功へと導きます。


パーソル

【特徴】

  • 豊富なアウトソーシングによる運用実績
  • クライアントに合わせた柔軟な支援体制
  • 業務代行に留まらない、採用活動のPDCA推進


社員採用(新卒・中途)からアルバイト・パート採用まで、実績をもとに培った運用ノウハウにより高品質なサービスを提供しています。


応募者管理などの部分的なアウトソーシングから、採用計画~入社対応までのフルアウトソーシングが可能です。また、採用センターを活用したセンター型支援から経験豊富なコンサルタントが貴社社内に常駐するオンサイト型支援まで、お客様の課題や採用プロセスに応じて、最適な支援体制を提案しています。


事前に設定したシミュレーションや、選考手法、運用方法について振り返りの場を設け、仮説検証を繰り返すことにより、確実に採用成果を創出するご支援をいたします。また、属人的になりがちな業務もマニュアルの整備や運用レポートの提出により、透明性の高いアウトソーシングを実現しています。


ネオキャリア

【特徴】

  • 土日祝日も対応できる自社内コールセンターあり
  • 年間500社以上の企業様の利用実績
  • 30分以内の即対応


コア業務に集中する時間を増やし、採用力強化を全面的にバックアップいたします

採用計画や予算策定、応募者の面接など、貴社にしかできない業務に集中することで、採用スピードをあげ、効果的な採用が実現できます。


また、継続的に効果を出し続けるために、貴社の採用ニーズにあわせたプランニングや、実施後の運用まで丁寧にサポートしています。


採用コンサルタントの活用で、採用を効率良く成功させましょう!

いかがでしたでしょうか。

採用コンサルティング会社を上手く活用していくことで、より効率よく採用を成功させていくことが出来ます。


当社ポテンシャライトでは、採用がネックとなって飛躍しないベンチャー企業様などを対象に今まで130社以上の採用コンサルとして携わってきました。


  • 採用のリソースが足りない、人事専任者がいない
  • もう少し採用の効果をあげたい
  • 現在の採用状況の効果測定をし、適切な改善案を実施していきたい など、


採用にお悩みの採用担当者様がいらっしゃれば、お気軽にご相談ください。

ポテンシャライトに資料請求する

川口 紘征

1998年生まれ。
東京在住・早稲田大学在学中。
インターンとしてベンチャー企業複数社でライターをしています。