【採用担当者向け】Greenの主な特徴・強みは?実際に採用はうまくいくの?

「本格に採用を進めたいけど、どのような手法が適切なのかわからない」

「採用媒体、採用サイトは多すぎてどれを選べば良いのかわからない」


これらのお悩みは、これから採用をはじめる企業様で非常に多くお聞きします。


今回の記事では、採用媒体の「Green」に焦点をあてて、特徴や強みなどを採用のプロであるポテンシャライトが解説していきたいと思います。

GreenはIT/Web企業なら活用がおすすめ

Greenは2006年にサービスを開始した、IT/Web業界に特化した転職求人サイトです。約60万人が登録している求職者データベースがあり、専門性の高い人材が揃っていることが特徴です。


Greenを運営している株式会社アトラエはTechnology × People 領域におけるリーディングカンパニーです。


「テクノロジーによって人の可能性を拡げ、エンパワーメントする」というPeople Tech領域において次々とイノベーティブなサービスに挑戦しています。


Green運用において不明点などはGreenサポートチームによるGreen活用のアドバイスを受けられるので、初めての方でも安心です。


Greenの主な特徴

それではGreenの主な特徴について詳しく見ていきましょう。


IT/Web業界、エンジニア/デザイナー採用に強い

先程もご紹介しましたが、Greenの一番の特徴はIT/Web業界に特化しているということです。また、職種別で見るとエンジニアとデザイナーで約6割を占めています。


特にエンジニアの数が多いため、Webエンジニア・iOSエンジニア・Androidエンジニアなど、希望に添って細かく募集できるのでスキルに精通した経験者が集まりやすいことが特徴です。


また、直近ではIT/Web系人材に特化した求人サイトとして集客に力をいれており、月間で約8,000名もの新規登録者がいます。


スカウト、オファー機能で直接コミュニケーションできる

約60万人が登録されている求職者データベースにいつでもアクセスできます。


求職者へのアプローチ数に制限はないため、貴社のターゲットとなるすべての求職者と直接コミュニケーション(ダイレクトリクルーティングが可能です。


ちょっとでも気になる求職者には、軽くアプローチできる「気になる」を、強くコンタクトを取りたい求職者には「スカウト」機能を使って熱いメッセージを送りましょう。


また、求職者と企業の過去のデータから適切なマッチングの実現を促進する高精度なレコメンド機能も充実しており、AIを活用してミスマッチを未然に防ぎます。


掲載求人量が豊富、かつ内容が充実している

IT/Web系に特化した求人サイトとして、掲載求人量が非常に多いです。


また、企業の魅力を最大限訴求するために掲載できる内容が充実しています。専門のライター、カメラマンによる記事作成オプションもあるので、インタビューを通して第三者が感じる魅力も加えて訴求できます。


求人・コンテンツが充実→求職者が増加→さらに求人が増加→さらに求職者が増加するという好循環がおこっています。


料金体系は初期費用+成功報酬

採用媒体によって料金体系は大きく異なります。Greenは、一度初期費用を支払えばずっと利用することが可能です。


毎年の更新料がかからないことは、長期的な視点でとても経済的です。


そして、採用が成功したときのみ成功報酬がかかります。成功報酬は、年収に関わらず30万円〜90万円と人材紹介に比べてかなり低額です。(勤務地によって変動)


月額の掲載料を払って求人広告媒体に掲載したにも関わらず、契約期間のうちに採用できなかったためにランニングコストだけかかってしまった、ということがないのです。



類似サービスとの比較

ここまでGreenの特徴を解説してきましたが、類似サービスと比較してどうなの?というところについて解説していきます。


ビズリーチとの比較

ビズリーチもIT/Web系人材が多く登録しています。ビズリーチの最大の特徴は、登録者は選ばれた即戦力人材であることです。マネジメント経験や英語力、大学院卒業者など優秀な人材が揃っており、約89万人のデータベースがあります。


そしてビズリーチもGreenと同じく、ダイレクトリクルーティングを積極的に利用することが出来ます。料金体系は、基本利用料が6ヶ月85万円と入社時成功報酬が理論年収の15%(年収800万の方であれば120万)と、Greenと比較すると高くなってしまいます。


求める人材のスキル感によってどちらを利用するか選定すると良いでしょう。


Wantedlyとの比較

WantedlyもIT/Web業界に強い求人サイトです。2012年2月のリリースから、スタートアップやベンチャーを中心に掲載企業が増え続けています。


Wantedlyは、Facebookのつながりを活用したソーシャルリクルーティングサービスであり、求職者との接点をつくりやすいのが特徴です。


料金体系は最安で月3.5万〜、成功報酬はなし、で比較的リーズナブルに利用することができます。


若手の人材が多く、幅広くの人材に対してアプローチしたい、数多くの人材を採用したいという場合はWantedlyを利用すると良いでしょう。



過去のGreen運用実績

当社が、とあるA社の採用コンサルティングとして、Green運用をした際の実績をご紹介いたします。


A社はスマホアプリゲームを主としてサービスを提供する企業様でした。今後のサービス発展のためにiOS、Androidエンジニア共に募集したいとのことでGreenを利用することになりました。


iOS、Androidエンジニアの求人を掲載の後、スカウトに力をいれてダイレクトリクルーティングをしていきました。


掲載開始後2ヶ月で、掲載からの応募数15件、スカウトからの応募数15件と合計30件の応募を獲得することが出来ました。


書類選考、面接の後、iOS、Androidエンジニア各1名に内定を出し、無事承諾されました。

費用としては初期費用と2名分の初期費用のみだったため、非常にコストパフォーマンスよく採用が進められたと満足されていました。



あなたの会社に合った媒体に出稿して採用を成功に繋げましょう!

いかがでしたでしょうか。

Greenを利用することで、特にIT/Web業界、エンジニアやデザイナー採用を効果的に行うことができます。


しかし、初めての採用媒体運用をするとなると、何から手をつけてよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。


そうしたときは、採用コンサルなどを利用して、自社に採用のノウハウをためていくことをオススメします。


当社ポテンシャライトでは、累計120社以上の採用にお困りの企業様の採用コンサルとして採用をご支援をしてきました。


その経験を基に、貴社の課題に沿った採用のサポートを実現します。採用に関してお困りのことがあれば、些細なことでもお気軽にご相談ください。

ベンチャー特化型の採用コンサルサービスについて詳しく見る

川口 紘征

1998年生まれ。
東京在住・早稲田大学在学中。
インターンとしてベンチャー企業複数社でライターをしています。