どこよりも早い!ベンチャー特化型採用コンサルタントが予測する新元号「令和(レイワ)」の採用トレンド

 

2019年4月1日の11:30頃に新元号が発表されました。採用活動を行う上で新元号になったからといって大きなアクションの変化はありませんが、せっかくですので新元号の採用トレンド予測をしてみたいと思っています。

==============================

(1) Twitter採用全盛期へ

既に盛り上がりを見せているTwitter採用ですが、本格的にTwitterを再開される方が多く、特に人事領域や人材業界関連の方が多く見受けられます。

またベンチャー企業の取締役以上の方々がTwitterに注力されるなど、ベンチャー企業にとってはTwitter採用は欠かせない採用手法に変貌するのではないかなと個人的には思っています。ただ、直近の採用トレンドのスピーディーな変化を考慮するとTwitter採用自体は2020年ごろに落ち着くのではないかなと思っています。現時点でTwitterに取り組んでいない場合は既に大幅に遅れていると認識された方が良いかと思います。


(2)採用広報は「会社(チーム)」ではなく「個」の時代へ

2017年頃からバズワードになっている採用広報。積極的に取り組んでいる企業も増えています。ただ、Wantedly中心にアウトプットされる採用広報ですが、既にユーザー(求職者)が「採用広報疲れ」をしてしまっていると感じます。
事実として、2016年と2019年のWantedlyのフィード1記事あたりのPV数を比較すると、2016年に対して2019年は激減していると言われています。
そうなると何の手を打たなければならないのか。

巷では騒がれていますが、「会社(チーム)」で採用広報を強化するのはもちろんのこと、「個」の発信がキーポイントになると思っています。「発信元」が会社だけでは発信するにも限界があり、また少しいやらしい感じも出てしまいます。良い事をPRするばかりになってしまうと思いますので。そうではなく、社員個々人が採用広報をすることによって「発信元」が増えます。さらに「個」からの発信の方が信頼性が高い情報として捉えられることも多くなり、効果が大きくなると思います。

採用広報についてはメドレーの加藤さんがすごく詳しいですよね。僕は面識ないですがいつも勉強させていただいております。


(3)エンゲージメントへの注目度が最高値に

上記(2)とつながる話ではありますが、各社員から会社へのエンゲージメントが低い会社は、採用活動に苦戦する事は間違いありません。
「退職をするときにその会社の本当の姿が見えるよね」というブログが2018年にバズりましたが、退職者に対してのエンゲージメントも同様に高めていかなければなりません。
また、もはや取り組んでいない企業のほうが少ないであろう「リファラル採用」。ここ最近はトレンドワードというよりは知らないとまずいぞ、というワードに変化してきていますが、リファラル採用を推進するためにはエンゲージメントが非常に重要です。「うちのエンゲージメント数値はこれだよ」と社内外に公開をする時代も近い将来訪れるのではないかなと思っています。
※ちなみに当社のエンゲージメント数値は下記です。


リフカムさんやアトラエさんのサービスであるweboxなどエンゲージメントツールベンダーは更に飛躍をする1年になるのではないかなと思っています。


(4)オンボーディングに徐々に注目が集まってくる

昨年からポテンシャライトからも何度か発信をしておりますが、オンボーディングへの注目度は上がってくるでしょう。オンボーディングとは「組織やサービスに新たに加入した人に手ほどきを行い、慣れさせること」です。

ポテンシャライトはベンチャー企業の採用支援をしているため、支援先企業様から「いやいや、ベンチャー企業なので自分で積極的に学んでチャレンジをしていってほしいですね、ノウハウなどはないので自分で作ってくれ」のような姿勢の企業もありますが、入社をした方に対してノウハウや情報が一つのツールに綺麗にまとまっていた方が早期活躍はできるはずです。そのあたりが整っている企業と整っていない企業では採用活動はもちろんのこと、入社後の定着、活躍にも大きな差が出てしまうかと思っています。

上記は参考記事です。


(5)転職へのハードルが低くなる時代へ

2019年現在、さすがに「終身雇用」をアウトプットする企業は極小になってきました。ここ10年で大きな変化だと思います。ただ、終身雇用とは言わないまでも「転職はあまり良くないよね」「最低でもまずは3年働かないと」という風潮は未だにあります。
正直、この風潮は個人(求職者)にとって全く良いものではありません。現職に不満を持ちながら就業し続ける、このままこの環境に自分は身を置いた場合成長はできるのか?などの懸念を持った場合は、転職をしたほうが間違いなく個のためです。企業側は優秀な人材を逃してしまったことによる「自社で働く魅力」を再考慮すべきです。
また、「シェアリングエコノミー」という言葉がバズワードとなった2017年頃。これは人材に対しても同じことが言え、優秀な人材であれば何社様かでシェアすべきです。フリーランスが増えるのは必然であり、個人の能力に自信がある方はどんどんフリーランスになるべきですし、組織に属してチームとして働きたいご意向があれば会社に属するなど、個人の意思を最大限考慮すべきです。


==============================


さて、新元号「令和」はどんな歴史が刻まれるのでしょうか。

間違いなく言えるのは、平成と比較して採用トレンドは3倍以上のスピードで変化していくこと。理由はSNSやコンテンツメディアの普及です。誰しも情報のキャッチアップが容易になってきており、採用トレンドもキャッチアップしやすく、それに伴い採用トレンドもどんどん新しくなっていくはずです。

そのスピード感についていくことが、「令和」で勝っていくポイントになるのではないでしょうか。


ポテンシャライト代表の山根のTwitterです。今回のように情報アウトプットをしておりますので、よろしければフォローをよろしくお願い致します。


また、ポテンシャライトはベンチャー企業に特化した採用支援をしております。ご興味ございましたら、こちらからご連絡ください。


Yamane Kazuki

新卒で入社した大手人材系企業にてマネージャーとして人材紹介事業に携わり、その後、IT/インターネット/ゲーム業界に特化した人材紹介会社立ち上げに参画。同社在籍時にはリクナビネクスト主催のキャリアカウンセラーランキング1位(3000名中)を獲得。2017年4月、株式会社ポテンシャライトを創業し、人材紹介事業と採用コンサルティング事業を推進している。