採用代行とは|業務内容・費用・会社比較をまとめて紹介

売り手市場と言われている現在、求職者への様々なアプローチ方法の出現により人事採用担当者の負担が大きくなっている傾向にあります。


そのため、自社で採用の全てを賄う、という時代は過ぎ、現在のHR業界では「採用代行」がトレンドになってきています。

  • 「採用代行企業が多過ぎて、どこに依頼すればいいかわからない」
  • 「実際に効果は出るのだろうか」

など、疑問をお持ちの人事担当者様は非常に多いと思います。
(商談の際、ほとんどのお客様がこの疑問をお持ちです。)


本記事では、「採用代行」とは一体なんなのか?そして、費用感や業務範囲など、採用代行について詳しくご説明していこうと思います。


具体的には

・採用代行とは?
・採用代行できる業務・コスト相場は?
・採用代行のメリット

・採用代行で成果を伸ばすためのポイント

・採用代行のサービス提供会社の種類

・採用代行のサービス提供会社の比較

の順番にご紹介していきます。

是非ご一読ください!



■採用代行とは?

採用代行とは、ズバリ「自社の採用を外部に委託」することです。

  • 人事担当が社内におらず、別メンバーが採用担当をしている企業
  • 業務量が多く、採用業務に注力しきれていない企業
  • 採用はなんとかできているが、リソースが足りず施策を打ちきれていない企業


上記のような企業は採用代行と非常に相性が良く、是非前向きに使用を検討していただけると良いです。


採用代行の導入により、採用担当者がコア業務に集中することができ、結果として様々な採用課題を解決することができます。



◼︎採用代行できる業務・コスト相場は?

ここまでで、採用代行の概要は理解していただけたかと思います。自社の採用を外部に委託するのが採用代行です。


ですが実際、採用代行ではどんな業務依頼ができるのでしょうか。以下業務について、詳細を確認しましょう。また、コスト感の相場についてもご説明していきます。

  • スカウト
  • 日程調整オペレーション
  • 採用広報
  • 採用戦略計画


・スカウト

「採用代行=スカウト送信」というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。ポテンシャライトヘの問い合わせも、スカウトのご依頼がダントツで多いです。

スカウトの代行パターンは複数ありますが、王道は以下の形です。

実施内容詳細:

  • スカウト候補者ピックアップ
  • スカウト文面作成
  • スカウト送信
  • スカウト数値振り返り など


※返信率は企業・職種によって大きく異なりますが、5~10%の返信率が平均です。

コスト相場:1媒体につき10~15万円程度 

※職種数、採用ハードル、スカウト送信通数などにより変化


・日程調整オペレーション

スカウトの次に多いご依頼が日程調整オペレーションの代行です。応募数が多いとどうしても日程調整に時間を用してしまいます。


実施内容詳細:

  • 候補者様のメール対応
  • 面接スケジュール設定
  • 面接会議室予約
  • 未返信者への最速連絡 など


コスト相場:15~20万円程度

※応募数、使用媒体数などにより変化


・採用広報

ここ最近のHR業界のトレンド、「採用広報」。求職者や自社応募者に向けた採用のための広報を指しています。


業務内容詳細

  • 社員インタビュー作成(インタビュー執筆、写真撮影など)
  • 企業SNSアカウント管理 など


・採用戦略計画

人事専任者がおらず、代表や他職種メンバーが人事を兼任していた、という企業での導入が多いです。どの職種をいつまでに何名採用するのか、どのように採用するのか、戦略を立てるところから担当します。


業務内容詳細

  • 採用計画、目標数値設定
  • 使用媒体選定 など



◼︎採用代行のメリット

採用代行企業には、採用に関するかなり幅広い業務を依頼できることがわかりました。

次に、採用代行企業への依頼のメリットを考えたいと思います。


  • 「依頼はできるけど、効果は本当に出るの?」
  • 「自分たちでやったほうが早いのでは…?」


など、まだまだ疑問が残っている方に向けて、導入時のメリットをお伝えします。


・客観的に貴社の採用の現状・課題を認識できる

自分たちだけで採用をしていると、どうしても客観的に採用状況や課題を俯瞰視点で考えることができず、いつまでも状況が良くならない…ということがよくあります。


一見どうしようもないと思ってしまう社内の体制による課題や属人的な問題点など、外部から見ると大した問題ではない場合も多いです。外部からの意見を取り入れることで、意外とすんなり問題が解決する、ということがよくあります。


・施策実行で終わらず振り返り→再アクションができる

施策を実施するところまでは実施されている採用担当者は少なくないと思います。


しかし、その施策を行った結果効果はあったのか?次の課題点はどこなのか?を振り返っている採用担当者はごくわずかです。


細かい数値分析→原因追求をすることでより良い採用効果をめざすことができます。


・他社事例が豊富にあるので採用ノウハウの提供が期待できる

自社で採用が成功しても、何が成功要因だったのかを突き止めるのには他社との比較検討が必要です。


採用代行企業に依頼をする事で、

  • 同業界の企業の採用状況はどうなのか
  • 〇〇という媒体が気になっているがどのくらい応募がくるのか
  • 〜〜という場合どのように解決したらいいのか など


その代行企業が持っているノウハウを提供してもらうことができます。



◼︎採用代行で成果を伸ばすためのポイント

先述の通り、採用代行導入により自社採用現状の正確な把握、ノウハウの蓄積が可能になります。


これは、もちろん採用代行企業の成果でもあるのですが、成功には依頼元企業の協力も不可欠です。


いくら改善案の提案を受けても、実際に実行していただかないと意味がありません。これを守っていただくと成果が出やすい、というポイントを3つご紹介します。


・選考結果は1営業日以内に出す

選考結果の滞留は採用成功の一番の敵です。

せっかく応募を集めることに成功しても、書類選考実施、面接結果確定までに1営業日以上空いてしまうと候補者の離脱に繋がってしまいます。


現在の転職市場はかなりの売り手市場。求職者が5~10社並行して選考に進んでいるのは至極当然のことです。


そんな中、スムーズに選考を進めることができれば候補者の意向が下がりづらく、採用代行企業への依頼により集まった応募を無駄にすることがなくなるでしょう。


・定期的な情報共有を

採用の状況は選考中の候補者、社内既存メンバーの状況、事業の方向性などで目まぐるしく変化するものです。


支援開始時にいくら力を入れて情報共有をしていても、最新の情報に都度アップデートされていなければ意味がありません。


是非、採用代行企業とは定例MTGの設定、こまめな連絡など、定期的な情報共有を心がけましょう。


メールでももちろん良いですが、オススメはSlackやチャットワークなどのチャットアプリの導入です。ライトなコミュニケーションであればこまめな確認の連絡も気にならないものですよ。


・業務分担はきっちり開始時に決定する

採用業務の一部を切り出し、外部へ代行依頼をしたはいいものの、「これってどっちが担当するんだっけ…?」と立ち止まってしまうようなことがあると非常にもったいないです。


代行スタートのタイミングで、どちらがどの範囲を担当するのか、きちんと確認するようにしておきましょう。


■採用代行のサービス提供会社の種類

採用業界のトレンドである採用代行。


時代の流れに伴い、採用代行企業も数が増えてきております。「採用代行企業」と言っても大きく3つの種類に分類することができます。


分類は、以下の通りです。

  • 総合採用コンサルティング
  • スポット採用支援
  • 運用フェーズ代行


・総合採用コンサルティング

採用の上流工程から下流まで、一貫して対応してる企業です。採用計画の設計、採用手法確定、ブランディング実施など、対応業務は多岐に渡ります。


・スポット採用支援

採用広報や面接内容のコンサルティング、面接官トレーニングなど、スポットで発生する課題に対する支援が強みの企業です。


・運用フェーズ代行

オペレーション・実務に強みを持っている企業です。日程調整やスカウト代行など、その道のプロフェッショナル企業です。



■採用代行のサービス提供会社の比較

総合採用コンサルティング

■株式会社ポテンシャライト(http://www.potentialight.co/

「ベンチャー企業の採用支援・ブランディングならポテンシャライト」

【特徴】

  • ベンチャー企業に特化した採用コンサルティング会社
  • 人材業界経験豊富なメンバーが多数在籍 プロのノウハウを活かしたコンサルティング
  • 数値分析→施策実行のPDCAのサイクルを回す速さに定評あり


Potentialightは、採用ノウハウが少ないベンチャー企業様を対象に

  • ​採用ブランディング
  • 採用ノウハウの提供
  • 求人広告設計、運用支援
  • エージェント開発・運用支援

を行なっております。

日本にはたくさん優良ベンチャー企業は存在しますが、採用がネックになって飛躍しない企業様は多々いらっしゃいます。


そんな企業様に対して採用コンサルティングを行なっているのがポテンシャライトです。


■株式会社ネオキャリア(https://hcm-jinjer.com/media/service/rpo003/

「業界トップクラス10,000社以上の導入実績」

【特徴】

  • 土日祝日も対応できる自社内コールセンターあり
  • 年間500社以上の企業様の利用実績
  • 30分以内の即対応


コア業務に集中する時間を増やし、採用力強化を全面的にバックアップいたします

採用計画や予算策定、応募者の面接など、貴社にしかできない業務に集中することで、採用スピードをあげ、効果的な採用が実現できます。


また、継続的に効果を出し続けるために、貴社の採用ニーズにあわせたプランニングや、実施後の運用まで丁寧にサポートしています。


■株式会社トライアンフ(https://www.triumph98.com/solution_saiyo.html

「会社を伸ばす人を採用する」

【特徴】

  • 現状把握から来期提案の検討まで長期的な視点を持った採用代行
  • 常駐型アウトソーシングをおこなっており、採用経験の豊富なスタッフを企業に派遣することも可能
  • 新卒・中途かかわらず、採用業務のすべてをサポート


採用目標人数を達成して、50点。採用した人物が定着し、活躍して、ようやく100点。数合わせではなく、質合わせの採用を。


それが私たちの採用戦略ソリューションのコンセプトです。ただ単に人を採用するのではなく、その会社を伸ばす人を採用する。


そのための戦略コンサルティングから採用業務のアウトソーシングまで、ワンストップで提案、実行します。


2 スポット採用支援
■株式会社ツナグ・ソリューションズ (https://www.tsunagu.co.jp/service/

「採用業務のすべてを最適化へ」

【特徴】

  • 専任のコーディネーターが一連の採用実務を実施
  • 採用のみならず「定着・戦力化コンサルティング」も可能
  • 選考過程における、書類発送や各種選考の会場予約などの雑務までを代行し、御社の人事パワーを選考に集中するためのサポートを提供


採用コンサルティングを通して、単なる代行だけではなく、採用業務のすべてを最適化します。

全国約330社、90,000店舗が導入。ツナグ・ソリューションズの採用コンサルティング&RPOサービス


【依頼可能な業務】

  • 採用コンサルティング
  • 面接官トレーニング
  • 求人媒体選定・発注代行 など


■株式会社ディスコ (https://www.disc.co.jp/service/outsourcing/

「高い満足度を誇るサービス」

【特徴】

  • 採用プロセスの企画立案および業務フロー構築に強み
  • 企業からの継続率が9割以上


9割以上のお客様からご継続頂いている、高い満足度を誇るサービスです。

採用ご担当者が担う全ての業務プロセスを「Recruiting Process Management」と位置づけ、これまで数多くの企業様の採用業務を請け負ってきました。


アウトソーシングによる効率化や労力の軽減による採用活動の生産性の向上はもちろん、将来を担う優秀な人財を採用するためのすべてをサポートいたします。


また、これまでのノウハウを活かし大学・専門学校向けにも様々なアウトソーシングサービスを展開しています。


【依頼可能な業務】

  • 採用プロセス設計
  • データ集計・分析 など


3 運用フェーズ代行
■株式会社HERP(https://herp.co.jp/

「採用支援を通じて、日本の採用を強くする。」

【特徴】

  • クライアントの9割以上がインターネット関連企業。
  • エンジニア領域をはじめとした、人材の流動性が高いインターネット業界における採用知見・実績が豊富
  • 採用オペレーション代行の実績多数あり
  • エンジニア採用の戦略立案・施策選定など、主にWeb系企業様の中途採用・新卒採用の課題解決をサポートします。


【依頼可能な業務】

  • 採用戦略立案・施策選定
  • スカウト
  • 候補者対応業務 など


■株式会社キャスター(https://caster.co.jp

「自由度が高く、成果を出せる組織へ」

【特徴】

  • クライアントの9割以上がインターネット関連企業
  • エンジニア領域をはじめとした、人材の流動性が高いインターネット業界における採用知見・実績が豊富
  • 採用オペレーション代行の実績多数あり


「採用したいけど手が回らない」「どうやったらいいかわからない」というあなたに。

採用のプロフェッショナルが、いつものコミュケーションツールから専門業務をサポートします。


【依頼可能な業務】

  • 応募者対応:応募者管理、スカウト送信、面接日程調整、一次面接代行
  • 採用手続き: 内定通知の送付、入社日調整、労働条件通知書または雇用契約書作成
  • 面接代行 :一次面接代行 など



■採用代行の活用で、採用を早く成功に繋げましょう!

いかがだったでしょうか?「採用代行企業」と言ってもかなり多くの企業が存在し、また得意分野もそれぞれ異なります。


採用代行企業への依頼時は、丸っと依頼するのではなく、連携を取りながら採用を進めていくことで採用成功に繋がりますよ。


当社ポテンシャライトでは、採用がネックとなって飛躍しないベンチャー企業様などを対象に今まで100社以上の採用コンサルとして携わってきました。

  • 採用のリソースが足りない、人事専任者がいない
  • もう少し採用の効果をあげたい
  • 現在の採用状況の効果測定をし、適切な改善案を実施していきたい など


採用に関してお悩みの担当者様がいらっしゃれば、お気軽にご相談ください。

ポテンシャライトに資料請求する

Nana Owada

人材派遣会社で営業担当・事業会社の人事・採用コンサルティングと、さまざま々な立場から採用に携わってきた経験を持つ。メルカリやLINEのような、時代をリードする企業が日本からもっと誕生するような未来を目指すため、採用という側面からベンチャー企業のサポートに携わる。現在、約30社のベンチャー企業の社外人事として採用の支援を行う。